ギャラリー & BLOG

ランドセル

2018年10月23日

こんにちは。今日は朝から雨が降っていましたが、もちろん自転車で来ました大久保です。
ザーザー降りではなく、小雨だったので、濡れてもいいウィンブレを着てきました。

高校生の時は、厳しい学校だったので雨の日は基本的にカッパでしたが、ほとんどの生徒は傘さし運転をしてましたね。

正門に先生が見張っているので、先生に見つからないところでカッパを羽織り、あたかも家からカッパ着てきましたみたいな顔で通学してる友達もいましたね。
僕は怒られるの嫌だったし、転んで怪我しても嫌だったので、家からカッパを着ていきました。

学校生活と言えば、最近ニュースで、小学生のランドセルが重いというニュースを観ました。
ある子どものランドセルの重さが5キロだったとか。

教科書が昔よりも分厚かったり、1冊にまとまっていた教科書が上下の2冊に分かれているなどが原因だそうで、改善として置き勉を許可する学校が増えてきているみたいですね。

置き勉・・・教科書やノートを机の中に置いたまま帰る。でしたっけ。

僕が小学生の頃は宿題で使わない教科書は、学校に置いておいて良いルールだったので、そこまで重いランドセルを背負ったことがなかったです。

置き勉をすることで、例えば教科書が盗まれたり、落書きなどのいじめにあったりすることを考えて置き勉を無くした学校もあるかもしれませんね。

昔に比べると、ランドセルのデザインや作りが変わったり、重さも軽量化されたらしいですが、教科書が重いのでは意味がありませんね。なかなか難しい問題みたいです。。

ただ、今朝すれ違った小学生たちは、重そうにしてるどころか、軽そうに走っていましたけどね。。(笑)



  • このページの先頭に戻る