ギャラリー & BLOG

少年時代(高校部活編)

2018年10月02日

こんにちは。2つ目のアブローラーを買おうか検討中の大久保です。

今回は高校の部活のお話です。

高校は家から自転車で30分の公立高校に入学し、硬式テニス部に入部しました。
部活説明で教室に集まった時に、軟式の大会で知り合った友達もいたので、そこまで緊張はしなかったのですが、顧問の先生が入ってきて開口一番が、「なんでこんないんの?」でした(笑)

少し説明を聞き、テニスコートに行って先輩たちの練習を見学した後に、まさかの校舎周りのランニングでした。
10周か20周くらいさせられ、そのあと部活全体で集まり解散になったのですが、予想以上にきつくて次の日の部活の時は半分くらいいなくなってました。

最終的に残ったのは10人くらいで、ランニング、筋トレ、ボール拾い、コート整備と、怖い先輩たちの指示でいろいろやりました。

2年生は結構怖かったのですが、3年生は優しい先輩が多く、気さくに話しかけてもらったり、一緒にランニング、筋トレをしてくれたりと、仲良くしていただきました。
ヤンキーみたいな部長には最後までビビってて、あんまり関わらなかったです(笑)

1年生はコートで打つ時間がほとんどなかったので、居残り練習と朝練をみんなでやって3年生が引退した後から、2年生とコートに入って練習していました!

硬式にも意外とすぐに慣れて団体戦のメンバーに入ることができたのですが、シングルスはもらえず先輩とペアを組んでのダブルスでした。

1年生の時の、これに勝てば県大会出場!!というシングルスの試合で、5-2で勝っていたのにそこから調子に乗ってしまい、タイブレークで負けたことがあります。。
さすがにこれは勝っただろと思ってしまった結果です。。

ダブルスでは先輩と組んでいたので、県大会には出場できましたが、2回戦くらいで負けてしまいました。

2年生になってからは1番手の先輩とペアを組み、自分も部内では4,5番手くらいまでレベルをあげることができたのですが、大会に出ても浦和学院や秀明栄光、伊奈学などには敵いませんでしたね。。
大会のドローが出て、近くにその3校の名前があると、肩を落としてた覚えがあります。

3年になって途中から部長になったのですが、先輩のようにうまくみんなをまとめられず、顧問に反抗し、辞めそうになったこともありました。(顧問は元K-1ファイターです。)
最後の試合は、あんまり覚えてないのですが、たしか県大会の2,3回戦で負けた気がします。

軟式の時みたいに活躍はできなかったのですが、先輩と組んだり、部長を任されたりと、いろんな勉強ができた高校生活でした!!

終わりが変ですが、ここまでにしておきます。  to be continue

  • このページの先頭に戻る