ギャラリー & BLOG

あの時僕はスターになった

2018年06月12日

こんにちは!昨日宇野コーチに、その髪型トランプ(大統領)みたいだな、と言われ、髪型を変えようと検討しています大久保です。

先日、地元にあるお好み焼き屋さん(わいず)に行ってきました!
日曜日の夜だったので、結構混んでいたのですが、そんなに待たされずに席に着くことができました。

近くに中学生だろうと思われる集団がいて、かなり盛り上がっている様子でした。
おそらく、体育祭の打ち上げなんだろうなと思って、自分の中学生時代のことを思い出していました。

中学生の頃の僕は、普通の男子でした。
学校に行き、授業を受け、部活をして帰る。特にクラスの中でも、目立ち過ぎず、影も薄すぎず、普通でした。(成績は、体育と英語は5段階評価で5でした)

そんな僕が唯一、注目の的になったのが、中学3年の体育祭の最終種目、3年生のクラス対抗リレーでした!
男女8人で走り、どのクラスが速いかを決めるリレーの2番手で走った時です。

1番手の女の子が出だしで失敗してしまい、5組中4位で走ってきて、バトンをもらう時にはほかの3組は走りだしていました。

が!! バトンをもらった僕は水を得た魚のように、フルスピードで走りだし、次々と他のクラスを抜いて、ぶっちぎりの1位に出たのです。

あの時の僕に向けられた黄色い声援は、中学校生活で1番でした! あ、俺、スターになった。と思っていました。(笑)

結果的には、アンカーの男の子が2回転んでしまい、3位で終わってしまいましたが、それも良い思い出だと思っています。

そんな楽しかった中学校の体育祭を思い出させてくれた中学生諸君! みんなでお金をまとめてからお会計しようね!!





  • このページの先頭に戻る